PRP毛髪再生療法

毛髪再生医療による画期的な薄毛・育毛・増毛・抜け毛が治る再生治療

治せなかった薄毛・抜け毛・増毛・若々しい髪のを安全・安心に簡単な再生治療で解消出来るようになりました。
 
( 効果 )
薄毛・育毛・増毛・抜け毛
(女性・男性可能∥発毛飲み薬も不要)
 
( 効果 )
薄毛・育毛・増毛・抜け毛
(女性・男性可能∥発毛飲み薬も不要)

再生医療等提供計画書

育毛剤を使用したり、内服薬を飲む治療方法とは違い、患者様ご自身のPRP(多血小板血漿)の働きを用いて頭皮にある組織を再生し、薄毛を改善する治療方法です。

再生医療の厚生労働省認可を所得

平成26年11月に、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が施行されました。

この法律は、再生医療を提供しようとする医療機関などを全て認可制にすることにより、再生医療を受ける方の安全性を確保するものです。

治療の妥当性や安全性などを厳しく審査され、適切と認められて初めて治療を行うことが出来ます。

当院で「PRP毛髪再生療法」においてPRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)を用いた育毛を目的とした再生医療の厚生労働省認可を所得しております。

ヘアサイクル

PRP毛髪再生療法とは

フォーシーズンズの薄毛・育毛治療は、患者さまご自身の血液から抽出する「PRP(多血小板血漿)」の働きを利用して行います。

PRPを薄毛の気になる部位を中心に注入することにより頭皮の内側で様々な成長因子が作用しヘアサイクルの乱れを改善、正常なヘアサイクルに戻すことができます。成長期が伸びるため毛が太くコシがでて抜けにくくなり、少しずつ時間をかけて薄毛を改善することが期待できます。

成長期が伸びるため毛が太くなりコシがでることで抜けにくくなり、少しずつ時間をかけて薄毛を改善することが期待できます。

PRP(多血小板血漿)

PRP成分に含まれる主な成長因子の作用

PRP中にはさまざまな種類の成長因子(サイトカイン)が存在しておりそれぞれに様々な働きがあります。

様々な成長因子が複合的に働く事により、注入した部位のエイジングケア効果、薄毛改善が期待できます。

  • TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)
    結合組織を形成するための誘導、上皮細胞増殖、血管内皮細胞の増殖、創傷治癒
  • PDGF(血小板由来増殖因子)
    幹細胞の分化、マクロファージ・繊維芽細胞の誘導細胞増殖、コラーゲン産生、血管新生
  • VEGF(血管内皮増殖因子)
    血管内皮細胞の増殖、血管新生
  • EGF(表皮増殖因子)
    細胞の分化・増殖促進、創傷治癒
  • ILGF(インスリン様成長因子)
    創傷治癒

男性の薄毛(AGA)

男性型脱毛症 AGAとは?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」と呼ばれています。

AGAは、成人男性によく見られる薄毛の症状です。
主に額の生え際からの薄毛と、頭頂部からの薄毛があります。

遺伝や生活習慣、男性ホルモンの影響などが様々な要因があります。
また進行性の薄毛であるため、放っておくと毛髪は徐々に薄くなっていきます。早めの治療が大切です。

女性の薄毛(FAGA)

女性型脱毛症 FAGAとは?

FAGAとはFemale Androgenetic Alopeciaの略称で「女性男性型脱毛症」と呼ばれています。

加齢やストレスなどが原因となり、髪を成長させる役割を持つ女性のホルモンが減少することで起こる薄毛や抜け毛などの症状のことです。

薄毛に悩むのは男性だけではなく、女性の10人に1人が悩んでいるといわれております。

発症するとゆっくりと進行します。全体的に髪が薄くなると老けた印象を与えてしまいます。

男性の薄毛の症状とは異なり髪が細くなり全体的にボリュームが減る、特に頭頂部の分け目部分が目立つという症状が特徴です。

ヘアサイクル

ヘアサイクルとは?

全身の毛1本1本には寿命があり、育っては抜け落ちることを繰り返しています。このような毛の成長サイクルをヘアサイクル(毛周期)といいます。ヘアサイクルには3つのステージがあります。

●成長期
毛乳頭から毛が生え始め伸びていく時期です。成長期の期間は毛の部位により異なります。成長期が終わると毛は伸びなくなり抜けていきます。

●退行期
成長期を終えた毛は細胞分裂がとまり伸びなくなります。この時期が約3週間、髪の全体量の約1%程度が移行期の髪です。

●休止期
毛母細胞が細胞分裂を停止します。毛根の萎縮・角化が完了します。休止期を終えると再び毛乳頭が形成され毛が伸び始めます。それに伴い古い毛は抜け落ちます。
 

毛の構造

毛の構造と役割とは?

髪の毛は、頭皮から出ている髪である「毛幹部」と頭皮の中にある「毛根部」に分けることができます。

毛は毛乳頭で毛を生み出され毛母細胞で毛は作られます。毛母細胞にはメラニン色素を作り出すメラノサイトも存在します。
毛は毛細血管から栄養をもらうため血行不良などで栄養が十分に届かなくなると毛は痩せ細くなります。

●毛乳頭細胞
毛乳頭に存在する細胞です。ヘアサイクルを正常に保つ働きがあります。毛乳頭細胞が増えることにより毛髪が太く健康的に成長します。

●毛母細胞
毛乳頭の周りに存在する細胞で毛髪を作り出しています。細胞分裂を繰り返すことにより、髪の毛に成長して伸びたものが毛髪になっています。

 

 

PRP毛髪再生療法の特徴

患者さまの自身の血小板を使うため副作用の心配が軽減されます。

PRP毛髪再生療法に必要な血小板は、患者さまご自身の血液から採取したものを使用します。ご自身の細胞をもちいておこなう施術のため副作用の心配がありません。

即日短時間で施術可能・ダウンタイムはほぼありません

PRP毛髪再生療法において行う施術内容は、患者さまからの採血と薄毛の気になる部位への注射だけであり、採血~麻酔~治療終了までにかかる時間は1~2時間程度とたいへん手軽におこなうことができる施術です。

持続期間が長く自然な育毛が可能です

頭皮に注入されたPRPは頭皮の中で様々な成長因子を放出しながらゆっくりと作用することで薄毛を改善します。

個人差はありますが、効果が完全に消失することはなく、ゆっくりと時間をかけながら治療することが可能です。

そのため急に髪が増えたりすることが無いため、違和感なく自然な薄毛治療が可能です。

PRP毛髪再生療法 施術の流れ

カウンセリングから施術の流れをご紹介します。
 

カウンセリング・診察

PRP毛髪再生療法にご興味をお持ちになっていただきましたら、まずは無料カウンセリングをご予約下さい。患者さまとのカウンセリング・診察をとおして、ご要望・お悩み・ご予算等をうかがい、患者さまのお肌の状態や、ご希望に合った施術をご提案させていただきます。

当クリニックでは、患者さまにご納得いただいたうえで施術を開始することを大切にしております。

血液採取・麻酔・血漿分離

遠心分離機

血液を採取し、遠心分離機にてPRP(多血小板血漿)を抽出します。

麻酔は患者さまのご要望、頭皮・髪の状態に合わせておこないます。

※詳しくはお問い合わせくださいませ。
※施術前に整髪料などお使いの方は洗髪していただく必要がございます。2号院にはシャワールームがございますのでよろしければご利用ください。

PRP(多血小板血漿)注入

薄毛の気になる部分を中心に水光注射を用いてPRPを注入します。

 

ダウンタイム・アフターケア

PRP毛髪再生療法はダウンタイムが少ない施術です。施術後は患部を清潔にしてください。当日から洗顔・シャワーはできますが、激しい運動、サウナ、入浴は避け、飲酒も控えてください。施術後の経過で気になる点がございましたら、いつでもご相談ください。

施術のリスク・副作用・できない方

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方
  • 小児
  • 心臓病、脳梗塞の既往歴のある方。
  • 血液が固まりにくくなるお薬を内服されている方
  • 肝臓疾患をお持ちの方

 

PRP育毛療法の料金表

PRP育毛療法 1回 110,000円
5回 522,500円
10回 1,023,000円

※男性、女性ともに施術可能となっております

※毛根に働きかける治療のため繰り返し施術をおこなうことで効果が期待できます。細い毛、薄毛などでお悩みの方におすすめです。

※効果には個人差がございます。

このように、PRP育毛療法なら、自然な髪のエイジングケアが期待できます。
PRP育毛療法に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

無料でカウンセリングを行っております。ぜひご予約下さい。

肌再生医療を含む施術費用35万円以上ご契約の方は、交通費を補助致します。

クリニック概要

当院の認可(厚生労働省受理)

再生医療第二種

自家培養真皮繊維芽細胞移植術

再生医療第三種

PRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)を用いた皮膚の再生を目的とした再生医療

再生医療第三種

PRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)を用いた育毛を目的とした再生医療

一、二、三次救急時 連携指定病院
  • 明和病院